対策法を知って悩みの尿失禁を改善する~ニョウガイド~

夫婦

薬物やTOTで治せる

医者

年をとると様々な症状に悩まされてしまいますが、特に女性に多いのが尿に関する症状です。40歳以上になると3人に1人が尿に関する症状で悩んでいるのです。尿に関する症状と言っても様々ありますが、特に多いのは尿漏れです。尿漏れは、腹圧性尿失禁、切迫性尿失禁、溢流性尿失禁、機能性尿失禁の4つに分けることができます。女性に最も多い尿漏れが、腹圧性尿失禁です。これは、立ち上がった時、くしゃみをした時などお腹に力が入ることによって尿漏れしてしまう症状です。腹圧性尿失禁の治療として行われるのが、TOT手術です。軽度の症状なら薬物療法や、骨盤底筋の筋力強化によって改善することができます。重症の場合は、薬物療法などでも改善できないので、TOT手術をする必要があります。

TOT手術とは、中部乳頭部の膣壁と、両足の内股の付け根あたりを小さく切開して、専用器具を使用し、尿道と膣の間にテープを通して尿道を支えるという治療です。この治療を行なうことで、お腹に力が入った時も尿漏れをしなくなるのです。健康保険が適用される治療なので、費用を抑えて尿漏れを治すことができるのです。尿漏れは、生活に支障をきたすわけでもないですし、命に関わるほど重大な症状ではないのですが、生活の質を落としてしまいます。ですから、気になっているなら医療機関で治療を行なったほうが良いでしょう。治療をすることで、尿漏れから解放されて快適な毎日を過ごすことができます。泌尿器科の専門医なら、普段の生活に関するアドバイスもしてくれます。

Copyright© 2015 対策法を知って悩みの尿失禁を改善する~ニョウガイド~All Rights Reserved.